sub_con_b

パチンコホールに関する最新トレンドや、成功事例など最新情報をお届けします!
sub_mail_b
 トップページ > 小説 パチンコホール はじめての新卒採用

小説 パチンコホール はじめての新卒採用

2010/03/11

vol.4 広告代理店営業マン 山岸のレクチャー


パチンコホール企業の新卒採用
10店舗以下のパチンコホール企業の「採用手法・仕組みの作り方」を小説スタイルで連載にてご紹介いたします。

小説 パチンコホール「はじめての新卒採用」vol.4

この物語は、首都圏に6店舗のパチンコホールを展開している、株式会社明治アミューズにて、企業としても自分としても初めて「新卒採用」をする担当者「渋谷達也」の奮闘記となっています。

おつき合いいただければ幸いです。




vol.4 「広告代理店営業マン 山岸のレクチャー」

原口から概要は伝わっているのか、山岸は話しの冒頭からヒアリングというよりも、企画説明という雰囲気で話し始めました。
「新卒採用のフローを時間軸にてお話しいたしますね・・・」

1)就職サイトへの求人の掲載(サイト選定・各種オプションの選定)
2)会社説明会の開催(合同企業説明会も含む)
3)選考開始(適性検査・面接)
4)内定者フォロー
5)内定式
6)入社式

この流れで10月からスタートし翌々年の4月の入社までのタイムスケジュールで進みます。

まず、御社では「就職サイトへの求人の掲載」が急務となります。

「正直、パチンコホール企業は学生から人気があるとは言えませんので、とにかく露出を高めてページを見てもらうことが必要です。そのうえで興味を持ってもらい、会社説明会へ誘導していくのです。

ポイントは若干の脚色も入れながら、楽しさの部分を強くアピールしていきましょう。とにかく、なるべく多くの人にリーチして、出来る限り多くのエントリーを得る事が勝利のポイントです」


渋谷は、山岸の立て板に水のようなレクチャーとパワーポイントの企画書に圧倒され、二の句が継げず、出てきた言葉は、「わかりました、では、お願いします」と告げていました。


ただ、そのときに山岸の口元が、ほんの少し緩んだのを渋谷は見逃さなかった・・・


渋谷は不安を感じながらも、山岸の「優秀な学生ほど就職活動の開始は早いので、求人の原稿はサイトオープン日に間に合わせましょう」の説明に併せて、写真の素材やら会社案内の原稿などをバタバタと準備したのであった。

サイトオープンと同時に「エントリー」が入り始める、山岸いわく、順調なスタートとの事。

ただし、渋谷はサイトオープンによって一息ついたのだが、客観的に自社の募集記事を見て、漠然とした違和感を感じたのである。

会社の特徴として書かれている「楽しい職場」・「仲間との共同作業」満面の笑顔を湛えた社員の写真・・・ 嘘が書かれているわけではない。

でも、本当に、これを見てエントリーしてきた学生が、入社してきたら勤務を継続できるのであろうか?



よしっ高原に聞いてみよう!
渋谷は同じ時期に入社し、研修期間に同じ店舗で勤務した高原勇樹に電話を掛けた。








次回は「新卒採用の目的は何だっ!」








では!また。






ゼロン 新卒採用アドバイザリーのページは ⇒ コチラから




vol.5へ続く ⇒ コチラから







ページの先頭へ戻る

|サービス紹介|お知らせ| 会社案内|FAQ|お問い合わせ|メールマガジン|トップページ|